数学

数学では、生徒は数学への理解と共に日常生活へのその応用を発達させる機会が与えられます。また生徒は算数を学ぶ学習者として自分に対する肯定的な見方を発達させ学ぶ喜びを習得します。難しい実践体験や算数のプロジェクトを通し探求心を高め、積極的に授業に参加をすることで自発的に学べるようになります。将来、生徒たちが本格的に社会参画するためには、数学的なコンセプトや数学的形式を伴う考えや議論について厳密に評価する能力を発達させる必要があります。

数学の教育では、生徒に意思決定のスキルを発達させ、創造的で柔軟に問題を解決できる人となるよう指導します。それには観察、調査、そして数学的パターンや関連性を比較するスキルが必要になります。日常的に高度な実用的応用と一般化、及び抽象化を追求します。

6〜7年生の生徒は 初級代数(Pre Algebra)のカリキュラムを能力混合方式で履修します。8年生の生徒は代数を、9年生の生徒は幾何学を履修しますが、8〜9年生の場合は、標準の内容とスキルを学ぶスタンダード・レベルの他に習熟度が高い生徒向けの上級クラスであるオナーズ・クラスが用意されています。

 

学年レベルで期待される学習内容: 数学 6-9年生
   
   
Nishimachi International School
〒106-0046 東京都港区元麻布 2-14-7 Tel: +81-(0)3-3451-5520

都心に位置する国際教育のパイオニア。幼稚部から9年生までの男女共学私立校。

Western Association of Schools and Colleges      

 

powered by finalsite