緊急時への対策と準備

大災害に備える

保護者の方々は生徒と共に、学校が行う避難方法に熟知しておいてください。ご家族で緊急時にはどのような行動をとるかよく話し合い、それぞれがきちんと理解しておくことは大切です。

地震

学校時間内に大震災が発生した場合、次の事態の発生が考えられるため生徒を直ちに帰宅させることは困難です。

  • 交通機関がマヒし、道路も閉鎖される
  • 電話はつながりにくくなり、地域によっては緊急電話以外の電話がダウンする
  • 水とガソリンの供給が停止

避難計画

西町ではキャンパスの被害の状況に応じて、2つの避難計画を立てています。いずれの場合も地震発生直後に保護者への連絡はいたしませんのでご了解ください。

(1)西町キャンパスに留まることができる場合

    • 生徒は帰宅させず、保護者か保護者に指定された成人の代理人が迎えに来るまで、教職員の監督の下で待機させます。
    • 西町キャンパスには非常物資、応急処置のための用品が備えてあります。

(2)キャンパスから有栖川公園へ避難する場合(有栖川公園は西町周辺で指定された避難場所)

    • 生徒は帰宅させず、教職員の誘導で有栖川公園に避難させます。
    • 有栖川公園にて、保護者または保護者に指定された成人の代理人に生徒を引き渡します。上級生の兄姉は成人代理人とはみなされません。

 

対応策については必ずご家庭で話し合い、確認しておいてください。また、通学途中で地震が発生した場合の対応策を決めておくことも大切です。次の事項を参考に、手順を話し合ってください。

  • 電車またはバスの運行が止まった場合は、運転士あるいは鉄道関係者の指示に従ってください。
  • 日本語がよく分からない生徒は、大多数の人と一緒に行動をして避難場所に向かってください。
  • 徒歩で通学する生徒も、公共の交通機関で通学する生徒も、保護者と一緒に通学路近辺の避難場所の所在地を確認しておいてください。
  • 家や近隣の避難場所など、 最終的に家族で落ち合う場所を決めておくことをお勧めします。
Nishimachi International School
〒106-0046 東京都港区元麻布 2-14-7 Tel: +81-(0)3-3451-5520

都心に位置する国際教育のパイオニア。幼稚部から9年生までの男女共学私立校。

Western Association of Schools and Colleges      

 

powered by finalsite